Shadow Play の弱点。

雑記

皆さんはShadow Play使っていますか?

GTXシリーズのグラボで使える録画ソフトです。

インスタントリプレイといって20分遡って録画が便利なアレです。

自分もよく使うんですが、不満な点が2つあります。

スポンサーリンク

20分までしか遡れない

この頃PUBGにハマっていまして、ドン勝ちをするたびにインスタントリプレイをポチっと押す生活を送っていました。

確かに、便利です。

毎回録画していてはHDDがパンパンになってしまいます。

そうなったら消せば良いんですが、一気に削除してしまう自分は消しちゃダメなモノまで消します。

今まで何回も痛い目にあいました。

なので、ファイルの数が増えないインスタントリプレイはとっても自分向きの録画ソフトといえるでしょう。

しかしながら、Shadow Playにも不満が無いわけではありません。

このソフトは20分までしか遡れないのです。

PUBGでドン勝ちした場合ワンプレイが30分を超えます。

そうすると、初動が録画出来ません。

あまり見せ場が無いので撮れなくてもしょうが無いかなとは思うんですが・・・。

時々本当に時々いい感じにキルを取りながらドン勝ちできる場合があります。

そんな時思うのです。

20分以上撮れたらなあ。

その点Radeon ReLiveは最長1時間まで遡れます。

この為だけにRadeon VEGAを楽しみにしていたんですが、期待はずれの性能になってしまい頭がいたいです。

それでも、1時間遡れるのは魅力的です。

 

マイク問題

20分問題は、そんなに不満があるわけでは無いんですが、こちらの問題はRadeonに乗り換えに積極的になるくらいには不満です。

それは、Shadow Playで録画すると自分の声が劣化するんです。

音割れというかプチプチノイズが入る感じになってしまって、録画した動画を見るとゲンナリしてしまいます。

他の録画ソフトで録画すると大丈夫なんですが、Shadow Playだとダメなんですねぇ。

これを見てください。

今使っているワイヤレスヘッドセットのサンプリングレートです。

48000 Hzが最高ですね?

これが原因です。

サンプリングレートが96000 Hzまで引き上げられる事が出来れば万事解決です。

でも、ワイヤレスヘッドセットでは48000 Hz以上上げることが出来ないようなのです。

※SteelSeries Arctis 7 と ロジテックh Wireless Gaming Headset G930 で確認しましたが、両者とも48000Hz止まりでした。

ちょっと音質テスト的な事をしました。

なので、今は仕方なくピンマイクでShadow Playの音声を撮っています。

無線の意味とは。。。

なんとかなりませんかね・・・?

その点Radeon ReLiveなら大丈夫。

※調べましたが、何も書いていなかったので大丈夫でしょう。

まとめ

ReLiveの為だけにRadeonという選択肢はアリなのだろうか。

気になりだすと止まらないのが音の世界です。

あのバリバリ音も外の音に埋もれて気にならないといえば気になりません。

しかし、一度気になりだすと止まらない。

かっぱえびせん見たいな世界です。

無線ヘッドセットをやめれば良いという選択肢もあるんですが。。。

快適無線生活に慣れてしまうと、そうも行かなくなります。

ヘッドセットつけてウロウロするのがこんなに楽になるとは思いませんでした。

あんまり、動かないんですけどね。

コードからの開放というのはとても良いものです。

しかし、マイクの音質ががががががが。

ピンマイクにしてみたけどピンマイクの音質も気に入らないし。。。

もう・・・考えるの・・・疲れた・・・。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。